スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊GT-R-R35 第100号 納車

R35 GT-R ロールアウト
ついに2年の時を経て1/8スケール日産R35 GTRが完成しました。
prefixIMG_9309suffix.jpg
prefixIMG_9310suffix.jpg
prefixIMG_9311suffix.jpg



第100号のパーツを組み付けていきます。
最後のパーツはフロアマットです。
prefixIMG_9343suffix.jpg

前席右カーペットの取り付け

前席右カーペットを運転席の足元に起きます。
カーペット裏側にはRと文字が表示されててます。
IMG_1667_convert_20150610001030.jpg

左前席左カーペットの取り付け
前席左カーペットを運転席の足元に起きます。
カーペット裏側にはLと文字が表示されててます。
IMG_1670_convert_20150610000809.jpg

後ろ左右のカーペットの取り付け
後ろ席右の運転席シートの後ろにおきます。
右席用のカーペット裏にはR左にはLと表記されています。
IMG_1673_convert_20150610000100.jpg
IMG_1699_convert_20150621004010.jpg



R35-GTR納車!
IMG_1701_convert_20150621004044.jpg


皆様2年間お疲れ様でした。

人生で一度はこう言った巨大モデルを組み立てて見たいと思っていましたが
今回丁度大好きなGTR35が出たのでこれはチャンスと挑戦してみることにしました。
総額で178000円の1/8 日産R35 GTRの納車となりました。

■作ってみた感想
パーツが大きく最初の8号ぐらいまでの内容からボリュームには大満足
コツコツ作りながら車の知識も向上し楽しんで学べました。

難点としては、不良品パーツが多すぎることです。
正直検品ぐらいしてから送って欲しいです。どう考えても検品は一切していないで適当に送ってる感じです。
明らかに雑な出荷ですが、カスタマーサポートは丁寧に対処してくれたのはとても良かったです。
ただカスタマーで働くスタッフも毎回クレームの対処に追われてとても大変だったと思います。
そう考えると、やはりもっと生産ラインでの最終的な検品を入念に行っていただければと思いました。

とりあえず、気が済んだのでもう巨大モデルを作ることは無いと思います。
置き場所的にもこれ以上は無理ですし、次は実車1/1の車に手を出して行こうと思います。
ただ自分の子供が産まれたら、大きくなって巨大モデルが作りたいと言い出した時には
また子供と一緒に作るかもしれません・・・あるいは子供に買い与えて全部自分で作らせて学びを得てもらいたいと思います。
一度はだれもが体験した方がいいと思う巨大モデル!

今回の記事を持ちまして製作を完了します。
長い間お付き合いいただきありがとうございました。
後日改めて完成納車した写真を撮ろうと思います。
特典のカバーもかけるとこんな感じになりました。
IMG_1700_convert_20150621004027.jpg
スポンサーサイト

週刊GT-R-R35 第98号~第99号

永くに渡りお届けしてきた週刊GTRもあとわずか・・・要約ここまで仕上がりました。
組み立て以上に粗悪な品質のパーツが多く何度も再発送を注文して待つのが大変でした。
もっと検品をしっかりして欲しいですね。それではあと2回の記事を書きます。
prefixIMG_8945suffix.jpg
prefixIMG_8947suffix.jpg


第98号のパーツを組み付けていきます。
prefixIMG_9332suffix.jpg

リヤランプの組み立て
prefixIMG_9333suffix.jpg

右リヤランプの取り付け
右のリアランプをリアバンパーに取り付け所定の位置にはめ込みます。
そしてスクリューネジHMで2ヵ所を固定します。
prefixIMG_9526suffix.jpg

左リヤランプの取り付け
同じく左側も同様の作業をします。
prefixIMG_9528suffix.jpg

フントバンパーの取り付け
第5号で組み立てたフロントバンパーをやっとここで組み立てます。
裏側からスクリューネジAMで固定します。
IMG_0179.jpg

ひっくり返してご覧の通り完成しました。
IMG_0177.jpg

車内灯スイッチとヘッドランプケーブルの接続
ボディーについている車内灯スイッチの2穴コネクタを、リワシャーシーから出ている2ピンコネクタに差し込む。
続いてヘッドランプの4ピンを繋ぎます。
IMG_0181.jpg

車内灯ケーブルの接続
リアボディから出ている車内灯の2穴コネクタをロワシャーシーのリア側から出ている2穴コネクタに差し込みます。
IMG_0182.jpg

アッパーボディーのシャーシーへの取り付け
さぁ~ついにシャーシーとボディを合体させます。大きいし重いのでとても気を使います。
そしてあまりの巨大さに撮影しているスペースもキツキツですw
IMG_0183.jpg


アッパーボディとシャーシーの固定
しかし!イーグルモスからの最後のサプライズが待っていました。
今回の大幅な更新の遅れとなった原因は、アッパーボディーとシャーシーの組み付けです。
一番大きいスクリューネジRMを12ヵ所固定するのですが、1ヵ所だけ穴が大きすぎてネジがしまりません。
問い合わせたところシャーシー本体の製造ミスで、本体ごと取り替えるか自分で大き目のネジを用意するしかないとのこと
ちょ!ここまできて完成品送ってくるとかそれは勘弁して欲しい・・・今までなんだったんだorzIMG_0196_convert_20150524002150.jpg

とりあえず、ガレージのネジをあさって何とか締め付けることができました。
IMG_1473_convert_20150524001400.jpg

フロントサポートブロック
フロントバンパーの下にフロントサポートブロックを差し込み
フロントホィールが地面に触れないようにしておこう。フロントホイールが浮き上がりさえすれば
ブロックはフロントバンパーのどの位置でに置いてもかまわない。
ステアリングホイールを動かしてフロントホイールの向きをける時に、ステアリングメカニズムにダメージを与えないようにする為だ。
IMG_1474_convert_20150524001934.jpg

リヤランプセットの完成。



続いて第99号のパーツです。
第99号では、リヤナンバーブレートとブレーキランプ、リヤバンパー及びリヤディフェーザーパネルを取り付け
ボディの99%を完成させる。
prefixIMG_8942suffix.jpg
prefixIMG_8943suffix.jpg

第99号のパーツ一覧
prefixIMG_9335suffix.jpg
prefixIMG_9336suffix.jpg

ブレーキランプの取り付け
ブレーキランプのケーブルの端についている4ピンコネクタをマザーボードから出ている4穴コネクタにはめ込む。


ブレーキランプの電球の取り付け
ブレーキランプケーブルのケーブルの端についている4個の電球を
リヤバンパーの内側から取り付け穴にはめ込む。
ここもフロントヘッドライトと同じくキツイが無理やりグイグイ押し込んでしまってかまわない。


リヤバンパーの取り付け
ブレーキランプのケーブルを内側にしまい込むようにしながら、リヤバンパーをリヤボディにはめ込む。
IMG_1486_convert_20150612193620.jpg

中央の1ヵ所をスクリューネジAMで固定する。
IMG_1488_convert_20150612193748.jpg


リヤバンパーの固定
車体全体を裏返し、左右2ヵ所をスクリューネジAMで留め完全に固定する。
両側からもしっかりと押してピッタリはめ込まないとネジ穴が合いませんのでご注意!
IMG_1656_convert_20150608235034.jpg

リヤナンバープレートの取り付け
リヤナンバープレートの裏面の台紙を剥がし、接着面をリヤバンパーの所定位置へ合わせ貼り付ける。
IMG_1660_convert_20150609001420.jpg

左右サイドディフェーザーのリヤディフューザーパネルへの取り付け
左右のサイドデュフェーザーをリヤデュフェーザーパネルに載せる。
IMG_0205.jpg

裏側からスクリューネジHPで4ヵ所を固定する。
IMG_0206.jpg

リヤデュフューザーパネルの取り付け
車体全体を裏返し、ネジ穴が全て揃うようにリヤデュフェーザーパネルをリヤシャーシーの底面に載せる。

8ヵ所をスクリューネジAMで留めて固定する。
IMG_1657_convert_20150608234915.jpg

リヤセレクションの完成。
IMG_1659_convert_20150608234854.jpg


次回最終刊第100号の完結パーツ
prefixIMG_9388suffix.jpg

TOYOTA 86 カスタムホイール rap42

水平対抗ボクサーエンジンの製作記事を書きます。
まず(G)EXブラックで塗装してから、(F)スーパーフラットコートで仕上げ。
IMG_1178_convert_20150209091138.jpg

スバルの安全キャップは全てイエローになっています。BRZと兄弟の86も同じです。
マスキングを入念に入れましたが、それでも凸凹の部分なのですぐにはがれてしまいます。
これは危険と判断し端っこの塗れなかったヵ所は筆で処理します。
色は(F)ディープイエローです。
IMG_1179_convert_20150210010433.jpg

クレオスメッキシルバーで細かいところを筆塗りし、イエローのキャップはマスキングをしてエアブラシで塗装しました。
これが小さくて意外と時間がかかって大変でした。
IMG_1182_convert_20150409104451.jpg

シルバーの塗り分けが細かすぎて精神的に辛かったです。
IMG_1226.jpg


それでは早速エンジンの組み立てを行います。やっぱエンジンの付いてるキットはいいですね。
IMG_1340_convert_20150409104132.jpg

FA20 水平対向4気筒 2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS の完成です。
IMG_1342_convert_20150409104115.jpg
IMG_1343_convert_20150409104051.jpg
IMG_1345_convert_20150409104034.jpg

TOYOTA 86 カスタムホイール rap41

着々と完成へ近づいてきました。今回はエンジンルーム内の細かな装飾を作ります。
イエローのキャップは、実際のキットの物だと小さいので、リアル感を出す為にプラ棒2mmで自作しました。
IMG_1309_convert_20150324013252.jpg

一度(F)ファンデーションホワイトで塗装してから、(F)ディープイエローを塗装し99クリアーをかけました。
エナメル剤でスミ入れ(TE)スカイグレーを使いました。仕上げは(F)スーパーフラットコートです。
IMG_1323_convert_20150324013306.jpg


マスキングを施してから、(G)Exブラックで塗装して、仕上げに(F)スーパーフラットコートで仕上げました。
IMG_1317_convert_20150324012526.jpg

マスキングを剥がすとこんな感じです。やはり黒くした方がより引き締まり本物そっくりになりますね。
IMG_1320_convert_20150324012833.jpg


取り付け完了。
IMG_1325_convert_20150324012116.jpg

TOYOTA 86 カスタムホイール rap40

本日は86にガラスパネルを取り付ける作業記事を書きます。
ガラスパネルは瞬間接着剤を点付けではみ出ないように気をつけて貼り付けました。
IMG_1255_convert_20150228021122.jpg

裏側からマスキングテープで張り付け接着剤が乾くまで固定します。
IMG_1256_convert_20150228020355.jpg

続いて左右のガラスパネルも接着します。
IMG_1275_convert_20150314003815.jpg

剥がれ落ちないように、マスキングテープで固定します。
コーティングがマツキングの粘着力で少し落ちちゃうので、終わったら再度コーティングで磨きます。
IMG_1277_convert_20150314004727.jpg

TOYOTA 86 カスタムホイール rap39

ボディの仕上げに取り掛かります。
水研ぎを行ってから一度ボディを洗浄し余分なゴミを綺麗に洗い流しました。
IMG_1238_convert_20150228022107.jpg

今回のボディも、スジボリ堂システムコンパウンドで仕上げます。
軽く水気をきってから、作業開始です。
IMG_1239_convert_20150228022127.jpg

最初に、ハードカットを満遍なくたっぷりと付けてから、低めの回転で研ぎ出していきます。
この時注意したいのが、角度です。水平に角を当てないように慎重に磨いていきます。
IMG_1240_convert_20150228022327.jpg

解りやすく半分だけ磨いた状態です。第一段階のハードカットだけでこのピカピカ!
IMG_1244_convert_20150228022907.jpg

第二段階のファインカットで磨き上げた状態です。
IMG_1241_convert_20150228025153.jpg


第三段階の、マイクロカットで磨いた状態です。
マイクロカットは、ハード、ファインと違ってかなり薄い液体の感じです。
静電気よけ誇りよけなどの効果のあるコンパウンドです。
IMG_1247_convert_20150228023855.jpg

最後にガラスブライトで磨き込みます。もう完全にピカピカの光沢ボディが出来上がりました。
IMG_1253_convert_20150228023413.jpg


TOYOTA 86 カスタムホイール rap38

本日はラジエーター裏側の仕上げです。(G)EXブラックで塗装後に(F)スーパーフラットコートで仕上げ
真ん中はボディカラーと同じなので、入念にマスキングを施しました。
IMG_1183_convert_20150224001415.jpg

(F)ファンデーションピンク(F)ブライトレッドの順に塗装し、最後に99.クリアーをエアブラシで塗装しました。
IMG_1195_convert_20150224001449.jpg

マスキングを外してこんな感じです。後はシルバー部分の塗装を(Mr.)メッキシルバーを筆塗りで仕上げます。
IMG_1196_convert_20150224001357.jpg

ファンが細かくてかなり苦戦しましたが、なんとか最後まで集中力を切らさずに完成しました。
IMG_1224_convert_20150224002614.jpg

TOYOTA 86 カスタムホイール rap37

やっと黒い塗り分けが終わりマスキングをはがしました。
そしてこのあとは、ちょっとしたこだわりの作業です。
IMG_1188_convert_20150216012824.jpg

左右各3カ所のセルフロックナット部分を、既存の凹凸では納得がいかなかったので
0.8mmの穴ピンバイスで開けてから、0.8mmアルミ棒でセルブロックナットを再現しました。
IMG_1191_convert_20150216012852.jpg

はい!ご覧の通り、整形前と比べると全然違い非常にリアルです。
この為だけにかなり時間を使ってしまいましたが、この仕上がりには大満足です。
この後は新たに後ろ側のラジェーター製作してから、前後同時にを取り付けます。
IMG_1193_convert_20150216012915.jpg

TOYOTA 86 カスタムホイール rap36 バッテリー製作

(F)ブライトレッドで赤い部分を塗装して、99クリアーをエアブラシで塗装。
その後マスキングを入念にしてから、(G)Exブラックで塗装
仕上げに(F)スーパーフラットクリアーで仕上げコーティングしました。
DSC_0522.jpg

マスキングを剥がして塗り分けを確認、綺麗に仕上がっていました。
DSC_0524v_convert_20150203223504.jpg

前回の白く塗装したバッテリーBOX本体を一部黒いラインをマスキングして入れてた物です。
DSC_0525_convert_20150203230933.jpg

上下のパーツを組み合わせ、接着して完成です。
DSC_0527_convert_20150203230951.jpg

TOYOTA 86 カスタムホイール rap35

先ずは白い部品から、(F)ファンデーションホワイトで綺麗な白に仕上げました。
この後細かな塗り分けに入ります。
IMG_1173_convert_2015020222g502r.jpg
NEXT≫
プロフィール

drive300

Author:drive300
FC2ブログへようこそ!

bgm
来場者
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
フィードメーター - GT Factory ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
月別アーカイブ
ブログランキング
フリーエリア
A8
スポンサー Sponsor
twitter
日本自動車メーカーリンク
チューニングパーツメーカーLink
QRコード
QR
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。