スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週間GT-R-R35 第40号~第41号

第40号と41号がセットで 土曜日10月27日に届きましたので早速レヴューしていきます。
最近は定形外の方が多くなってるきがしますが、できれば佐川にして欲しいです。
prefixIMG_7643prefix.jpg
prefixIMG_7644prefix.jpg

今回の号からフロントの足回りになります。一応パーツはパッと見大丈夫そう(粗悪品)では無いので安心しました。
しかし、できればちゃんと2号と同じブリスターに入れて送って欲しかったです。
中でガタゴト揺れていたのでビックリしました。セロハンテープでも固定されていません。
ホイールがキズついてしまったらどうするつもりだったのでしょうか?
毎回粗悪品パーツを送っては、新品のパーツを送りなおすと手間や送料が赤字になる可能性もあり
イーグルモスとしてもマイナスにしかならないと思います。
こう言ったちょっとした梱包の手間や費用を惜しまない事が大きな損益を免れる事を学んでほしいです。
prefixIMG_7650prefix.jpg

2号20号で作ったホイールと同じ工程の作業になります。
左フロントタイヤは、ホイールにぴったりフィットさせる必要があるので、そのままでは固くてはまりません。
ゴムを扱いやすくするため、お湯を張ったボールにタイヤを入れて数分温めます。
今回はお湯が少なかったので上下に温めて作業します。
prefixIMG_7808prefix.jpg

柔らかくなったフロントタイヤは、水分を拭き取ってから、ゆっくり身長にホイールにはめます。
トレッドパターンの溝が広い側が必ずホイールの外に来るように注意します。
prefixIMG_7809prefix.jpg
prefixIMG_7810prefix.jpg

左フロントホイールの完成です。
prefixIMG_7811prefix.jpg

第41号のパーツを組み付けていきます。
prefixIMG_7645prefix.jpg
prefixIMG_7647prefix.jpg

こちらもパーツは無事でした、もうちゃんとした製品を毎回送って欲しいです。
ただ41号と42号ののパーツの内容からして41号ひとつに纏めてもパーツの分量的にいいと思います。
一応全部で100号ですが全部で90号か80号でもパーツの収録的には可能だと思います。
prefixIMG_7648prefix.jpg

パーツ一覧です。
prefixIMG_7804prefix.jpg

コネクティンロッド(左)のふたつの円形部分のうち小さい方がトランスバースリンク(左)の取り付け位置にはめ
スクリューネジDMで固定します。
prefixIMG_7805prefix.jpg

トランスリバースリンク(左)の完成です。
prefixIMG_7806prefix.jpg

フロントサスペンションの組立はまだ第1段階を終えたばかりだ。
今後の号で更に緻密な完成度の高い作品が組み立てられていく。
トランスバースリンク(左)の完成
フロントサスペンションの組み立てはまだ第1段階を終えたばかりだ。
今後の号で更に部品を取り付けていく。


次回第42号のパーツ
prefixIMG_7851prefix.jpg
関連記事

この記事へのコメント

プロフィール

drive300

Author:drive300
FC2ブログへようこそ!

bgm
来場者
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
フィードメーター - GT Factory ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
月別アーカイブ
ブログランキング
フリーエリア
A8
スポンサー Sponsor
twitter
日本自動車メーカーリンク
チューニングパーツメーカーLink
QRコード
QR
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。