スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週間GT-R-R35 第46号~第47号

第46号と47号がセットで 12月11日の月曜日に届きましたので早速レヴューしていきます。
prefixIMG_8111prefix.jpg
prefixIMG_8112prefix.jpg

prefixIMG_8116prefix.jpg

第46号のパーツ一覧です。
prefixIMG_8123prefix.jpg

今号からGTRスケールモデルの右フロントサスペンションの組み立てを始めます。
組み立て方法は第41号のトランスバースリンク(左)と同じです。

コネクティンロット(右)のふたつの円形部分のうち小さい方をトランスバースリンク(右)の
固定位の置にはめ込み。上側からスクリューネジDMで固定する。
コネクティンロットはスクリューネジで固定したあとも
動くように遊びのある程度で構わない。

prefixIMG_8124prefix.jpg

トランスバースリンク(右)の完成・
右フロントサスペンションの組立は、まだ第一段階を終えたところ。
今後の号で更に部品を取り付けていく。
prefixIMG_8125prefix.jpg


続いて第47号の制作に取り掛かります。
prefixIMG_8114prefix.jpg
prefixIMG_8113prefix.jpg

prefixIMG_8115prefix.jpg

47号のパーツ一覧です。
今回も第42号と同じ組み立て方法です。
prefixIMG_8126prefix.jpg

ショックアブソーバー(UPR)をコイルスプリングの内側に差し込み。
コイルスプリングはどちらの側からでも差し込めます。
prefixIMG_8127prefix.jpg

コイルスプリングの反対側の端からショックアブソーバー(LWR)を差し込む。
コイルスプリングを圧縮しながら両側から商品を押し、ストロークの先端にある
突起をショックアブソーバー(UPR)の溝にはめ込んで繋げます。
この作業の時無理にゴリゴリ入れると塗料がはげてしまいますので
最新の注意を払って身長にゆっくり入れてください。

prefixIMG_8128prefix.jpg

前号で組み立てたトランスバースリンク(右)に取り付け、スクリューネジFMとナットで両側から固定する。
prefixIMG_8129prefix.jpg

ナックルベースの下部をトランスバースリンク(右)の先端の穴にはめ込み
スクリューネジNMで固定する。ナックルベースが少し左右に回る遊びが必要なので
固定した箇所がやや緩くても気にしなくて良い。
prefixIMG_8130prefix.jpg

右フロントサスペンションⅠの完成。
これで第2段階が終了。次号ではさらに部品を取り付けていく。
ショックアブソーバーとナックルベースはどちらもトランスバースリンクに
しっかり固定するのではなく、少し遊びができるようにします。

prefixIMG_8131prefix.jpg
prefixIMG_8133prefix.jpg



次回第49号のパーツ
prefixIMG_8134prefix.jpg

関連記事

この記事へのコメント

プロフィール

drive300

Author:drive300
FC2ブログへようこそ!

bgm
来場者
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
フィードメーター - GT Factory ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
月別アーカイブ
ブログランキング
フリーエリア
A8
スポンサー Sponsor
twitter
日本自動車メーカーリンク
チューニングパーツメーカーLink
QRコード
QR
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。