スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週間GT-R-R35 第64号

2ヶ月近く進みませんでした、理由はこの第64号のネジ穴が正しく空いていなかったからです。
まずは2ヶ月前に書いた記事からお届けします。


とにかく箱がデカイ!未だかつてこんなにデカイ本を見たことがありません。
どうも、少し予定より遅れましたが、ちゃんと届きました64号!噂通りデカイですw
prefixIMG_6999prefix.jpg

第64号のパーツを組み付けていきます。
prefixIMG_7622prefix.jpg

装がキズつかないように最新の注意を計らって梱包されておりましたサポート材の取り外し
prefixIMG_7624prefix.jpg

3本の金属製サポート材を固定しているネジを緩め、サポート材を取り外します。
prefixIMG_7625prefix.jpg

ここまではなんの問題もなく順調に進んでおりました。
しかし、この直後のネジをしめる作業で事件は起きました。
まず、ほとんどのネジ穴が正しく空いていなかったのです。浅すぎて最後まで入らなかったり
ネジ穴を空け忘れたところも1ヶ所あり、ずさん過ぎます。問い合せてもう一度同じ物を送ってもらう事になりました。
prefixIMG_7626prefix.jpg

そして・・・2ヶ月後やっとボディパーツが届きました。
まるでキリンのように長い首で待ちましたwさてこれで組立再開です。
IMG_7848_convert_20130927011740.jpg

同じくサポート材を丁寧に外していきます。この時車の屋根が傷つかないように
クリーニンググロスのような柔らかい素材で保護します。
IMG_7849_convert_20130927011814.jpg
IMG_7853_convert_20130927011849.jpg

リアボディとフロントボディの接合
リアボディとフロントボディを合わせ、両パーツの全部のネジ穴が重なるようになるまで押し込む。
ネジ穴がきちんと重なるようにするには、かなり強く押し込む必要があります。
IMG_7856_convert_20130927011916.jpg

リアボディとフロントボディの固定
リアボディとフロントボディの接合部の4ヶ所を、上川からスクリューネジAMで固定する。
前回の不具合はココ!一番右のネジ穴が大きくAMでは入りませんでした。
さらにネジ穴が真っ直ぐに空いなかったり、深さも浅く最後まで入らなかったりでしたが今回は上手くいきました。

IMG_7859_convert_20130927011942.jpg

そして今回の再度送られて来たボディは、最後まで真っ直ぐに締め付ける事ができました。
裏返してすクリュネジCMで固定する。これでリアボディとフロントボディの接合が完成する。
IMG_7860_convert_20130927010922.jpg

ボディ接合の完成
ついに現れた日産GTR35の全体像!大きい!予想以上に巨大な仕上がりとなった!
凄まじい迫力と重厚感!まさにこの為にこの2年頑張った!
IMG_7862_convert_20130927010419.jpg


次回第65号の予告
64y.jpg
関連記事
プロフィール

drive300

Author:drive300
FC2ブログへようこそ!

bgm
来場者
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
フィードメーター - GT Factory ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
月別アーカイブ
ブログランキング
フリーエリア
A8
スポンサー Sponsor
twitter
日本自動車メーカーリンク
チューニングパーツメーカーLink
QRコード
QR
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。